スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野田君だけプラスの得票率(前回衆院選挙比)

KEN様より興味深い分析がコメント欄に書き込まれていたので、分析データを拝借し一部グラフ化してみた。

このグラフは2012年衆院選と前回衆院選との野田同様当選5回の民主議員の得票率の増減をグラフにしたものである。
前回今回衆院選における民主党議員得票増減グラフ

22人いる当選五回議員全員野田を除き、大きく得票率を減らしている事がわかる

あのB層受けのよさげな長妻でさえ-40%である。

データでは5回当選議員以外の議員も全て計算されており、その数193人である。
そしてその193人中唯一プラスの得票率なのが野田ただ一人である

グラフには載っていないが、
最も得票率の増減が少なかった細野君でさえ-15%である。

こういうデータは厳密には不正のあった絶対的な証拠とはならないだろうが、その不自然さと異常現象を示す意味では非常にわかりやすいし、懐疑的だった人でも目の覚める分析ではないだろうか。
コメント欄においておくには勿体無い内容なので、視覚的にわかりやすくする為に掲載してみた。

※KENさんデータ提供ありがとうございます。また骨の折れる計算お疲れ様でした。

※KEN様のブログURL
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-11452880139.html

====以下KEN様のコメント転載======


千葉4区はおかしい
前回・今回とも得票のある 全民主党議員の得票率(対前回)を調べました。
野田氏は、配下の武将・足軽 ほぼ 討死のなか なぜか 「ひとり大勝利」 新宿で祝杯をあげたと・・・

ムサシのプログラマー 手が滑って 得票いれすぎてるのかな?

民主党衆議院議員前回・今回得票分析


選挙区       氏名   得票増減比率

(96以降当選1回)

北海道8区 逢坂誠二 -55%
青森4区       津島恭一 -64%
宮城4区       石山敬貴 -55%
秋田2区        川口博 -39%
茨城1区       福島伸享 -56%
茨城2区       石津政雄 -58%
茨城4区        高野守 -50%
茨城6区       大泉博子 -74%
茨城7区   柳田和己 -72%
栃木1区       石森久嗣 -61%
群馬1区       宮崎岳志 -71%
群馬3区       柿沼正明 -65%
埼玉8区     小野塚勝俊 -60%
埼玉12区 本多平直 -74%
埼玉13区 森岡洋一郎 -63%
千葉10区 谷田川元 -47%
神奈川1区 中林美恵子 -62%
神奈川2区 三村和也 -46%
神奈川10区 城島光力 -60%
神奈川13区 橘秀徳   -72%
神奈川14区 本村賢太郎 -60%
神奈川15区 勝又恒一郎 -72%
神奈川17区 神山洋介 -67%
山梨2区   坂口岳洋 -56%
東京4区       藤田憲彦 -58%
東京10区 江端貴子 -55%
東京23区 櫛渕万里 -62%
新潟3区       黒岩宇洋 -51%
石川3区   近藤和也 -38%
福井2区  糸川正晃 -51%
福井3区       松宮勲       -62%
長野4区       矢崎公二 -56%
岐阜1区      柴橋正直 -52%
岐阜5区       阿知波吉信 -52%
静岡3区       小山展弘 -60%
静岡7区       斉木武志 -36%
静岡8区       斉藤進  -69%
愛知7区   山尾志桜里 -49%
愛知15区 森本和義 -61%
三重5区       藤田大助 -45%
京都5区       小原舞       -52%
大阪16区 森山浩行 -58%
兵庫1区  井戸正枝 -66%
兵庫2区       向山好一 -61%
兵庫4区       高橋昭一 -70%
兵庫5区       梶原康弘 -64%
兵庫7区       石井登志郎 -66%
兵庫10区 岡田康裕 -59%
奈良3区       吉川政重 -68%
奈良4区   大西孝典 -62%
鳥取2区       湯原俊二 -46%
島根1区       小室寿明 -41%
岡山1区       高井崇志 -61%
岡山5区       花咲宏基 -56%
広島3区       橋本博明 -61%
広島4区       空本誠喜 -48%
徳島3区   仁木博文 -37%
愛媛1区       永江孝子 -62%
愛媛3区   白石洋一 -59%
愛媛4区       高橋英行 -54%
福岡2区   稲富修二 -56%
福岡7区   野田国義 -49%
福岡8区       山本剛正 -52%
福岡9区   緒方林太郎 -49%
宮崎1区       川村秀三郎 -61%
宮崎2区       道休誠一郎 -50%
鹿児島2区 打越明司 -48%
鹿児島4区 皆吉稲生 -58%
東京17区 早川久美子 -65%

               平均 -58%

(96以降当選2回)

北海道7区 仲野博子 -78%
青森3区       田名部匡代 -49%
宮城3区       橋本清仁 -56%
埼玉14区 中野譲       -71%
埼玉15区 高山智司 -59%
千葉5区       村越祐民 -60%
千葉8区       松崎公昭 -59%
千葉9区   奥野総一郎 -54%
神奈川12区 中塚一宏 -57%
神奈川16区 後藤祐一 -46%
静岡2区       津川祥吾 -53%
静岡4区       田村謙治 -51%
愛知13区 大西健介 -37%
三重4区       森本哲生 -41%
京都4区       北神圭朗 -55%
大阪4区    吉田治       -77%
和歌山1区 岸本周平 -50%
広島5区  三谷光男 -51%
広島7区       和田隆志 -61%
徳島2区   高井美穂 -47%
香川2区       玉木雄一郎 -28%
福岡3区       藤田一枝 -60%
福岡5区       楠田大蔵 -62%
福岡10区 城井崇       -55%
長崎4区   宮島大典 -45%

          平均 -55%
(96以降当選3回)

北海道2区 三井辨雄 -66%
北海道4区 鉢呂吉雄 -64%
岩手1区   階猛     -52%
宮城1区  郡和子    -59%
秋田1区       寺田学       -47%
栃木2区       福田昭夫 -60%
埼玉2区       石田勝之 -64%
埼玉4区   神風英男 -56%
埼玉9区       五十嵐文彦 -67%
千葉13区 若井康彦 -57%
神奈川6区 池田元久 -61%
東京5区  手塚仁雄 -56%
東京24区 阿久津幸彦 -59%
新潟1区       西村智奈美 -54%
新潟2区   鷲尾英一郎 -43%
富山1区       村井宗明 -52%
福井1区       笹木竜三 -68%
長野2区       下条みつ -59%
岐阜3区       園田康博 -58%
静岡1区       牧野聖修 -56%
愛知9区       岡本充功 -66%
愛知12区 中根康浩 -54%
滋賀2区   田島一成 -55%
滋賀4区       奥村展三 -61%
大阪9区       大谷信盛 -69%
大阪19区 長安豊       -61%
兵庫6区       市村浩一郎 -66%
岡山4区       柚木道義 -52%
広島2区   松本大輔 -59%
佐賀2区       大串博志 -27%
大分1区       吉良州司 -47%
大分3区       横光克彦 -48%
山形2区   近藤洋介 -51%

平均 -57%

(96以降当選4回)

北海道6区 佐々木隆博 -61%
北海道10区 小平忠正 -60%
山形1区   鹿野道彦 -34%
福島5区  吉田泉       -60%
千葉1区   田嶋要       -46%  
神奈川5区 田中慶秋 -80%
神奈川7区 首藤信彦 -66%
神奈川9区 笠浩史    -47%
山梨3区   後藤斎       -55%
東京2区       中山義活 -53%
東京6区  小宮山洋子 -60%
東京20区 加藤公一 -55%
東京21区 長島昭久 -42%
東京22区 山花郁夫 -57%
新潟4区       菊田真紀子 -54%
新潟6区       筒井信隆 -47%
石川1区       奥田建       -62%
長野1区       篠原孝       -45%
静岡5区       細野豪志 -15%
愛知8区       伴野豊       -53%
愛知11区 古本伸一郎 -29%
滋賀3区   三日月大造 -49%
京都3区       泉健太   -52%
京都6区  山井和則 -49%
大阪10区 辻元清美 -40%
大阪12区 樽床伸二 -59%
兵庫12区 山口壮       -34%
奈良1区       馬淵澄夫 -43%
岡山2区   津村啓介 -44%
福岡6区       古賀一成 -60%

          平均 -50%

(96以降当選5回)

北海道3区 荒井聰       -65%
岩手3区       黄川田徹 -49%
茨城5区       大畠章宏 -33%
埼玉1区       武正公一 -53%
埼玉3区       細川律夫 -65%
埼玉6区       大島敦       -52%
千葉4区   野田佳彦 +1% ← ?!?!?
千葉6区  生方幸夫 -57%
東京1区 海江田万里 -43%
東京3区 松原仁 -27%
東京7区 長妻昭 -40%
東京19区 末松義規 -52%
滋賀1区 川端達夫 -46%
大阪7区 藤村修 -64%
大阪11区 平野博文 -57%
兵庫11区 松本剛明 -45%
山口2区 平岡秀夫 -55%
徳島1区 仙谷由人 -49%
香川1区 小川淳也 -42%
福岡1区 松本龍 -70%
長崎1区 高木義明 -36%
鹿児島1区 川内博史 -64%

平均 -48%

(96以降当選6回)

北海道1区 横路孝弘 -56%
宮城5区 安住淳 -30%
福島3区 玄葉光一郎 -33%
埼玉5区 枝野幸男 -29%
東京18区 菅直人 -55%
新潟5区 田中眞紀子 -50%
静岡6区 渡辺周 -41%
愛知2区 古川元久 -42%
愛知3区 近藤昭一 -52%
愛知5区 赤松広隆 -59%
三重2区 中川正春 -42%
三重3区 岡田克也 -27%
京都2区 前原誠司 -29%
佐賀1区 原口一博 -35%

平均 -42%


総平均 -54%

スポンサーサイト

野田千葉4区への疑問の補足。

【補足1】
まず、無効票に関して。
無効票比率が最後の集計で99.9%であった点について。
一部頂いたコメントやツイッター等を眺めていて、無効票は最後に集計されるので問題無いという意見をいくつか拾い読みした。

この件に関して補足すると、私が千葉13ヶ所のデータとにらめっこしていて感じた違和感というのは、最後の時間に集計されている票の多くが無効票であったという事そのものではなく、その比率なのである。

千葉におけるほとんどの選挙区で確かに無効票は最後にカウントされている感じだ。しかし、最後の集計時各候補に上乗せされた票が9票だけで、残り全てが無効票となっているのは野田千葉4区だけである。
つまり他の選挙区は9割近くが無効票としてカウントはされていても、各候補少なくとも数十票~数百票増えている。だから機械が読めなくても目視でちゃんと1票1票振り分けたらしき痕跡がデータから垣間見える訳だ。だが、千葉4区だけはその上積みがたったの1桁だけだったもんで、不自然に感じたという事である。どうせ野田圧勝だから残りの微妙な票はきちんと見ずに無効票扱いにしちゃったのかな?と思える程最後の集計の無効票比率が高い。

ちなみ参考までに奈良では各時間帯に無効票がきちっとカウントされている開票速報データもあるので、無効票は最後にカウントが開票の常識だ的な意見は必ずしも正しいとは限らない。





【補足2】
アホらしいのでコメント認証してないのがいくつかあるが、野田票が最後に伸びるのは完全に正常な現象であるという断定的なコメントが寄せられている。反論の考察という記事でも私の見解は書いてるので追加で書くのはやめていたが、この場を借りてもう一度述べておく。

『開票作業の常識で、少ない獲得票の候補は集計が早く済むからなんもおかしくない』

という論理のコメント。私はこれはあまり信じていません。なぜか?

35箇所の選挙区のグラフを作ってずっと見てきたから。

いい加減この論理の反論書く人ね、一度真面目に35ヶ所のグラフ眺めてみてくれ。得票数少ない候補でも最後まで水平に推移してるところ多いから。その論理、野田千葉4区の疑惑のある種の火消しに使ってるつもりかしらないが、その論理が成り立つなら他の選挙区が異常開票してる事になっちゃうから。獲得票少ない候補が水平推移してるグラフは異常って事になるんでしょ?

なんか肉斬られまいと頑張るあまり骨を自分で折っちゃってる感じなのですが・・・。

なにか、野田千葉4区だけは例外的に開票の仕方が違ったとでもいいたいのか?論理的に説明してるようで論理破綻してるからこの系統の反論コメントは承認しません。

あ、でもその反論が正しい可能性がった!それは速報データそものが全面的にインチキだった場合だ。それが理由だった場合、私の手には負えませんので悪しからず。

千葉4区疑惑への反論の考察

私は理論的反論は歓迎している。
ネットサーフィンしてみてもっともらしい反論をみつけたので反論してみたい。

検証ツイート1

①『野田さんの地元票の箱が、終盤一気にあいたこと』
とあるが、野田ってそんな強固な地盤があったのか?残り2割の票の100人中93人が野田に投票する程強固な。近年無党派層が増え、5割の人の動向がなかなかつかみにくい中で、なんぼ地元票が高支持率であったとしてそこまで高く評価されるというのは現実的にありえないだろう。
元総理という箔がついたからという意味なら全体的な得票率の上昇はあっても特定地域に偏ったダントツの得票率にはなりえない。仮に4割が6割に押し上げられるにしても船橋市全体において押し上げられるはずだ。そもそも共産票ってのは野田の地元票だからと12%から1%に目減りする様な支持票ではない。共産票だけは終始一定なら話はまだわかる。

次に

②『圧倒的に票数が多い候補は物理的に計算に時間がかかるから』
とある。そうですか。圧倒的に票数の多い極値をひた走る神奈川15区が野田同様の上昇グラフを示しているなら私も多少納得するが、下のグラフの様にはなっていない。
神奈川15区グラフ②

グラフからもわかる通り、神奈川15区の河野太郎は相当強固な地盤があるのが見て取れる。だが千葉4区とは違い終始高得票率を示している。繰り返すが野田の様な急激な上昇もムラも無い。だから私は神奈川15区は自然な推移と見て、そういうグラフとの対比で千葉4区が不自然と結論づけた。このツイートの方は元記者だそうだが、こっちはこっちで開票の仕方が違うのだと言う意味で言ってるならちゃんと千葉4区の開票様子を取材してから反論を書くべきだ。特に断定的に切り捨てる様に反論するのならね。「~の可能性もあり」とかならわかるが。元記者となると私の様なただのブロガーとは訳が違うだろう。でなければこういう系統の反論となるとなんとでも言い様があるからね。

そして次の部分
③『票数の少ない未来や共産党は早く集計できただけ』
そうですか、圧倒的な得票率の差が出ている神奈川15区を見て同じこと言ってください。神奈川15区の共産票は相当票数少ないのにほとんど得票率にムラ無く一定に開票されていますが?・・。

④『とにかく開票所に一度見学に行ったらどうか』
おことばですが、一度見学すればどこの選挙区の謎もとけるという論理が破綻していることに気づいていただきたい。一度見学すれば全国津々浦々何百という選挙区の開票がわかるという意味だろうが、となると野田が正常なら神奈川15区の方が異常ということになる。

そもそも神奈川15区だけではなく、地盤が固そうな私の嫌いな神奈川11区とて比較的最初から最後まで大きな得票率の差はでていない。そして共産も民主候補も数は少ないが最後まで得票率を保っている。

元新聞記者ということで、きっと開票所に何度か行った経験があるのだろう。経験があるから決め付けるのだろう。不正なんぞあるわけが無いとう結論からもっともらしい反論をしたのかもしれない。私は開票速報からよみとれる不自然なグラフを31ヶ所グラフ化した流れで不自然なグラフを割り出している。一様にフェアー&ニュートラルな視点を心がけて検証したつもりだ。この方は千葉4区だけ読んでツイートしたのだろう。ニュートラルな頭でたくさん載せているグラフをしっかり眺めてから反論していただきたい。

論理的な様で感覚的な反論であるとしか言い様が無いと私には思えたのでしっかり反論しておいた。この方のツイートを読み、もし経歴ゆえに納得した人がいたなら、まだまだメディアリテラシーを鍛える必要があるといえよう。

無論私の論理もおかしいという反論があって私が納得できればその時は反省して訂正したいと思う。

あ、それからこの方に恨みがある訳でもなんでもないので、その事だけは付け加えておきます(^_^;)
(元記者って部分に過剰反応してしまっただけです。大手メディア不信が異常に芽生えている今日この頃だから余計に・・・)


続いて、こちらのツイート。
検証ツイート2
こちらのツイートは逆に私が反省しなければいけないと感じた。無効票の取り扱い方を知らなかった私が無知だったと言わざるを得ない。

ただし、強調しておきたいのはカウントされ有効票とされたのが9枚だけだったという点。これだけ不自然と思う千葉4区だから余計にそう思うのかもしれないが、1万弱の残票の内、有効とされたカウントがたったの9枚というのが本当なのか検証の価値があるのではないかと。それから無効票の数が不正の証拠だと書いてはいないと思う。

なにわともあれ、こういう指摘はありがたいもんです。


2013年1月7日追記:
無効票に関してだが、票のカウントが最後になるというツイートを信じたが、必ずしもそうではないようだ。現に奈良の分析をしていたら、無効票も開票時間毎に一定割合発表されている選挙区があった。最初から最後まで3%前後で推移していた。となると無効票集計は最後だという断定は偽情報ということになる。開票場によってはという但し書きが必要だろう。

野田・千葉4区とどめの衝撃グラフ

さて、自民党の遊撃隊長こと野田元総理の千葉4区。得票率解析も大詰め。

最後に凄まじいのお載せいたしましょう。

野田千葉4区に関しては3枚の画像をUP(掲載)してきた。
①神奈川・千葉全31ヶ所と同じタイプのグラフ⇒千葉4区画像1
②千葉4区を「A:前半開票分A13.9万票」と「B:後半開票分14.6万票」の得票率の差に視点を絞ったグラフ⇒千葉4区画像2
③そして②の画像をよりわかりやすく見てもらおうとして作成した画像⇒千葉4区画像3


そして今回は最後に衝撃の1枚をのせておく。
今回は更に時間帯を絞って『24:00~24:30』に開票された分を強調している。
上記①の画像は開票された全ての票の合計から算出された得票率の変化を示したグラフだったが、今回載せているグラフは開票された票を合計せずに各時間帯に開票された票の得票率の内訳をグラフにしたもの。

画像をみての通り、24:00~24:30の時間帯の野田の得票率は驚きの93.7%である。

そして未来票は0.4%共産票は1.0%なのだ。
野田・千葉4区時間帯別得票率解析
※データは千葉選管HPより作成
http://241216senkyo-chibaken-senkan.jp/page3.html

もはや私には理解不能で完全に脳みそが機能停止してしまった・・・。

極めつけは24:30以降の9287票の内実に99.9%が無効票ですぞ。

そりゃ私の喋り方もおかしくなるわい。
なんじゃこりゃ~~~~!

無効票の数自体はまぁ他の選挙区から比べて特別多い訳じゃない。
だが国民一人一人の大事な1票最後まで出来るだけ投票数に反映出来る様に努力したんかい?といいたいね。ま、どうせ野田の圧勝だから残りのわかりにくいのは無効にしとこう的な感覚じゃあるまい。というのは一般論としての建前上のぼやき。

むしろ不正があった可能性が大だから帳尻合わせの無効票数の割合に見えてしまう。

ところでネットである方が前回投稿した画像③に対して興味深いツイートをしていた。

『このデータの出所は?事実だとすると検証の必要あり。11時になるとバイトが帰宅し主要な選管スタッフのみが残るというのが私が参観した東京8区でしたから』

と。もしかすると23時以降ってのは不正する格好の時間帯なのかもしれない。

勿論憶測だ。だが、23時以降何かあったと見る方がよほど自然ではないのか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
TVとかのマジックショーとか見てていつも思うのは、プロが本気になりゃ大衆を騙すのはたやすい事。あれはショーだから凄い凄いと手を叩くが、悪意がある者が何らかのトリックを使おうと思えば詐欺なんぞ朝飯前なんだなと。トリックのネタさえ誰かプロが作ったらそれを実行するのは開票作業をする極一部の人で事足りるのではなかろうか。箱の中には何も入っていません。ですがあら不思議3つ数えると鳩が次からつぎへと~~!

だけど、考えても見たら、大手メディアは例外無く全て横並びの同じニュース・同じ論調で毎日報道をしてる訳だ。既にそれは皆が知っている偏向捏造報道ではないか。それは現実でしょ。ネット情報とのあまりの隔たり。それぞれ別の世界の話と錯覚する程の差。

日本全国津々浦々情報詐欺にあっている日本国。そういうおかしさに憤っている人でさえ選挙だけは公正なはずです。って?全国でそんな大掛かりな事出来る訳ない?

大手メディアは既に全社、NHKまでも含めてまるで誰か目に見えぬ者がタクトを振るがごとく、振舞っておろう!日本全国全ての大手メディアをコントロール化においてるものが、日本全国の選管をコントロール出来るはずがないと言い切れるのか。可能性はあるのだ。

検証せずに無いと言い切るのはただの宗教だ。

私もつい衆院選当日まではおかしいと感じた唯の、いち国民だ。
私は不正選挙の検証は自分の支持する落選した政治家の為にやってるのではない。

国民主権を取り戻す為にやっているのだ。

もしかしたら共産候補も未来候補もありがた迷惑かもしれない。

だがもしそう思っていたりするなら、それは筋が違う。

投票した私の1票が、多数決の結果死に票になったのなら、それは民主主義の結果だ。しかし不正の為に死に票になったのならそれは既に国民主権がこの国には存在していないという一大事なのだ。




ちょっと熱くなってしまいましたが、私の野田4区検証はとりあえずこれにてお開きにします。他の選挙区に関しては随時気づいた点あれば記事にしていきますが・・。
最後までお読み頂きありがとうございました。
画像等転載一切連絡等いりません。ご自由にどうぞ。数値ミス等ありましたらコメント頂けると幸いです。
あ、お礼等したいですって?そういう方はブログの楽天広告から買い物すると1%が私のもt・・・(モゴモゴ

ぎゃ~夜中の3時なってるではないか(゚д゚lll)
ある種のランナーズハイを経験中です。
違う、頭のメモリがパンクしてフリーズ気味なだけだ!
ちょっとテンションがおかしくなってる・・。

ではではよいお年を!

疑惑の千葉4区『図解』

疑惑の千葉4区(野田元総理の小選挙区)

※千葉4区の23:00以前と以後の異常な得票率の差をよりわかりやすくする為に画像を作りました。是非拡散いただきたく候。


『12/12/27 野田元総理の千葉』でも書いた様に
23:00までに開票された13.9万票の中にある
「未来票が18.0%+共産票12.9%=30.9%」
23:00以降に開票された14.6万票の中には、
「未来票が2.2%+共産票2.4%=4.6%」しか無いのだ。

未来も共産も「反原発・反消費増税・反TPP」票といえる。
23:00以前の票では3人に1人がそういう候補に入れた事になる。
それが23:00以降は22人に1人しか入れていない事になる。

図をみれば一目瞭然だが、23:00以降に開票された「未来票+共産票」がまるでそっくりそのまま野田票に振り替えられた様な比率になっている。

振り替える?

そんな事が可能なのか?それはわからない。しかし不可解極まりない事だけは事実だ。

そもそもこの開票速報の数値そのものが正しいのか?それもわからない。しかし何れにしろ不可解である事にかわりはない。

ちなみに残りの票は自民票でその比率は非常に自然な事ながらほとんど比率に差が無い。

そりゃそうだ。全ての票が混ざっている状態でそれを無作為に二つに分けたらそのどちらの中身も票の比率は、ほとんど同じになるというのが統計学上の常識だからだ。

しかし野田票も未来票も共産票もその統計学の常識をはるかに凌駕している。



*画像はこちらの千葉選管のHPを元に作成
http://241216senkyo-chibaken-senkan.jp/page3.html
最新記事
最新コメント
カテゴリ
広告
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

Author:おちゃのこSAISAI
日本人がこけにされている気がする今日この頃・・・。

カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。