スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野田君だけプラスの得票率(前回衆院選挙比)

KEN様より興味深い分析がコメント欄に書き込まれていたので、分析データを拝借し一部グラフ化してみた。

このグラフは2012年衆院選と前回衆院選との野田同様当選5回の民主議員の得票率の増減をグラフにしたものである。
前回今回衆院選における民主党議員得票増減グラフ

22人いる当選五回議員全員野田を除き、大きく得票率を減らしている事がわかる

あのB層受けのよさげな長妻でさえ-40%である。

データでは5回当選議員以外の議員も全て計算されており、その数193人である。
そしてその193人中唯一プラスの得票率なのが野田ただ一人である

グラフには載っていないが、
最も得票率の増減が少なかった細野君でさえ-15%である。

こういうデータは厳密には不正のあった絶対的な証拠とはならないだろうが、その不自然さと異常現象を示す意味では非常にわかりやすいし、懐疑的だった人でも目の覚める分析ではないだろうか。
コメント欄においておくには勿体無い内容なので、視覚的にわかりやすくする為に掲載してみた。

※KENさんデータ提供ありがとうございます。また骨の折れる計算お疲れ様でした。

※KEN様のブログURL
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-11452880139.html

====以下KEN様のコメント転載======


千葉4区はおかしい
前回・今回とも得票のある 全民主党議員の得票率(対前回)を調べました。
野田氏は、配下の武将・足軽 ほぼ 討死のなか なぜか 「ひとり大勝利」 新宿で祝杯をあげたと・・・

ムサシのプログラマー 手が滑って 得票いれすぎてるのかな?

民主党衆議院議員前回・今回得票分析


選挙区       氏名   得票増減比率

(96以降当選1回)

北海道8区 逢坂誠二 -55%
青森4区       津島恭一 -64%
宮城4区       石山敬貴 -55%
秋田2区        川口博 -39%
茨城1区       福島伸享 -56%
茨城2区       石津政雄 -58%
茨城4区        高野守 -50%
茨城6区       大泉博子 -74%
茨城7区   柳田和己 -72%
栃木1区       石森久嗣 -61%
群馬1区       宮崎岳志 -71%
群馬3区       柿沼正明 -65%
埼玉8区     小野塚勝俊 -60%
埼玉12区 本多平直 -74%
埼玉13区 森岡洋一郎 -63%
千葉10区 谷田川元 -47%
神奈川1区 中林美恵子 -62%
神奈川2区 三村和也 -46%
神奈川10区 城島光力 -60%
神奈川13区 橘秀徳   -72%
神奈川14区 本村賢太郎 -60%
神奈川15区 勝又恒一郎 -72%
神奈川17区 神山洋介 -67%
山梨2区   坂口岳洋 -56%
東京4区       藤田憲彦 -58%
東京10区 江端貴子 -55%
東京23区 櫛渕万里 -62%
新潟3区       黒岩宇洋 -51%
石川3区   近藤和也 -38%
福井2区  糸川正晃 -51%
福井3区       松宮勲       -62%
長野4区       矢崎公二 -56%
岐阜1区      柴橋正直 -52%
岐阜5区       阿知波吉信 -52%
静岡3区       小山展弘 -60%
静岡7区       斉木武志 -36%
静岡8区       斉藤進  -69%
愛知7区   山尾志桜里 -49%
愛知15区 森本和義 -61%
三重5区       藤田大助 -45%
京都5区       小原舞       -52%
大阪16区 森山浩行 -58%
兵庫1区  井戸正枝 -66%
兵庫2区       向山好一 -61%
兵庫4区       高橋昭一 -70%
兵庫5区       梶原康弘 -64%
兵庫7区       石井登志郎 -66%
兵庫10区 岡田康裕 -59%
奈良3区       吉川政重 -68%
奈良4区   大西孝典 -62%
鳥取2区       湯原俊二 -46%
島根1区       小室寿明 -41%
岡山1区       高井崇志 -61%
岡山5区       花咲宏基 -56%
広島3区       橋本博明 -61%
広島4区       空本誠喜 -48%
徳島3区   仁木博文 -37%
愛媛1区       永江孝子 -62%
愛媛3区   白石洋一 -59%
愛媛4区       高橋英行 -54%
福岡2区   稲富修二 -56%
福岡7区   野田国義 -49%
福岡8区       山本剛正 -52%
福岡9区   緒方林太郎 -49%
宮崎1区       川村秀三郎 -61%
宮崎2区       道休誠一郎 -50%
鹿児島2区 打越明司 -48%
鹿児島4区 皆吉稲生 -58%
東京17区 早川久美子 -65%

               平均 -58%

(96以降当選2回)

北海道7区 仲野博子 -78%
青森3区       田名部匡代 -49%
宮城3区       橋本清仁 -56%
埼玉14区 中野譲       -71%
埼玉15区 高山智司 -59%
千葉5区       村越祐民 -60%
千葉8区       松崎公昭 -59%
千葉9区   奥野総一郎 -54%
神奈川12区 中塚一宏 -57%
神奈川16区 後藤祐一 -46%
静岡2区       津川祥吾 -53%
静岡4区       田村謙治 -51%
愛知13区 大西健介 -37%
三重4区       森本哲生 -41%
京都4区       北神圭朗 -55%
大阪4区    吉田治       -77%
和歌山1区 岸本周平 -50%
広島5区  三谷光男 -51%
広島7区       和田隆志 -61%
徳島2区   高井美穂 -47%
香川2区       玉木雄一郎 -28%
福岡3区       藤田一枝 -60%
福岡5区       楠田大蔵 -62%
福岡10区 城井崇       -55%
長崎4区   宮島大典 -45%

          平均 -55%
(96以降当選3回)

北海道2区 三井辨雄 -66%
北海道4区 鉢呂吉雄 -64%
岩手1区   階猛     -52%
宮城1区  郡和子    -59%
秋田1区       寺田学       -47%
栃木2区       福田昭夫 -60%
埼玉2区       石田勝之 -64%
埼玉4区   神風英男 -56%
埼玉9区       五十嵐文彦 -67%
千葉13区 若井康彦 -57%
神奈川6区 池田元久 -61%
東京5区  手塚仁雄 -56%
東京24区 阿久津幸彦 -59%
新潟1区       西村智奈美 -54%
新潟2区   鷲尾英一郎 -43%
富山1区       村井宗明 -52%
福井1区       笹木竜三 -68%
長野2区       下条みつ -59%
岐阜3区       園田康博 -58%
静岡1区       牧野聖修 -56%
愛知9区       岡本充功 -66%
愛知12区 中根康浩 -54%
滋賀2区   田島一成 -55%
滋賀4区       奥村展三 -61%
大阪9区       大谷信盛 -69%
大阪19区 長安豊       -61%
兵庫6区       市村浩一郎 -66%
岡山4区       柚木道義 -52%
広島2区   松本大輔 -59%
佐賀2区       大串博志 -27%
大分1区       吉良州司 -47%
大分3区       横光克彦 -48%
山形2区   近藤洋介 -51%

平均 -57%

(96以降当選4回)

北海道6区 佐々木隆博 -61%
北海道10区 小平忠正 -60%
山形1区   鹿野道彦 -34%
福島5区  吉田泉       -60%
千葉1区   田嶋要       -46%  
神奈川5区 田中慶秋 -80%
神奈川7区 首藤信彦 -66%
神奈川9区 笠浩史    -47%
山梨3区   後藤斎       -55%
東京2区       中山義活 -53%
東京6区  小宮山洋子 -60%
東京20区 加藤公一 -55%
東京21区 長島昭久 -42%
東京22区 山花郁夫 -57%
新潟4区       菊田真紀子 -54%
新潟6区       筒井信隆 -47%
石川1区       奥田建       -62%
長野1区       篠原孝       -45%
静岡5区       細野豪志 -15%
愛知8区       伴野豊       -53%
愛知11区 古本伸一郎 -29%
滋賀3区   三日月大造 -49%
京都3区       泉健太   -52%
京都6区  山井和則 -49%
大阪10区 辻元清美 -40%
大阪12区 樽床伸二 -59%
兵庫12区 山口壮       -34%
奈良1区       馬淵澄夫 -43%
岡山2区   津村啓介 -44%
福岡6区       古賀一成 -60%

          平均 -50%

(96以降当選5回)

北海道3区 荒井聰       -65%
岩手3区       黄川田徹 -49%
茨城5区       大畠章宏 -33%
埼玉1区       武正公一 -53%
埼玉3区       細川律夫 -65%
埼玉6区       大島敦       -52%
千葉4区   野田佳彦 +1% ← ?!?!?
千葉6区  生方幸夫 -57%
東京1区 海江田万里 -43%
東京3区 松原仁 -27%
東京7区 長妻昭 -40%
東京19区 末松義規 -52%
滋賀1区 川端達夫 -46%
大阪7区 藤村修 -64%
大阪11区 平野博文 -57%
兵庫11区 松本剛明 -45%
山口2区 平岡秀夫 -55%
徳島1区 仙谷由人 -49%
香川1区 小川淳也 -42%
福岡1区 松本龍 -70%
長崎1区 高木義明 -36%
鹿児島1区 川内博史 -64%

平均 -48%

(96以降当選6回)

北海道1区 横路孝弘 -56%
宮城5区 安住淳 -30%
福島3区 玄葉光一郎 -33%
埼玉5区 枝野幸男 -29%
東京18区 菅直人 -55%
新潟5区 田中眞紀子 -50%
静岡6区 渡辺周 -41%
愛知2区 古川元久 -42%
愛知3区 近藤昭一 -52%
愛知5区 赤松広隆 -59%
三重2区 中川正春 -42%
三重3区 岡田克也 -27%
京都2区 前原誠司 -29%
佐賀1区 原口一博 -35%

平均 -42%


総平均 -54%

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

これが 答えだ! 千葉4区

こんばんわ

最近の調べご連絡いたします。
このへんで、つかれたので「小休止」します。
表示の列がぐちゃぐちゃになるときは、下記参照ください。

http://57285649.at.webry.info/201301/article_20.html

①野田佳彦(野田Gr、千葉4区)

1.小選挙区の対前回値        (単位:千票)
               
                      得票数
当落 候補者 (所属、新旧)  今回   前回   差  

当  野田佳彦 (民主、前)  163   162   +1
    藤田幹雄 (自民、元)   72    86  △14
    三宅雪子 (未来、前)   28     0  +28
    斉藤和子 (共産、新)   22    23   △1
    野屋敷  (みんな、新)   0     28  △28
    山中宏一郎(幸福、新)   0      3   △3
       (計)        (285)  (302) (△17)

◇「ムサシの選挙参謀」の増減説明

 ・みんなの前回票(28)が、未来の今回票(28)に移った!?!?
 ・△17の内訳は、
  純増(民主+1)、 純減(自民△14共産△1幸福△3)
  
◆「私」の増減説明(ケース1)

     <計> (     増減内訳       )
            純増減  移動票  移動票
                   (*1)  (*2)
民主   +1    +1    △28   +28(<---???)
未来  +28          +28     ↑
                           ↑
みんな △28                 △28

自民  △14   △14
幸福   △3    △3
 
共産   △1    △1
-----------  ------   ------  ------
計  △17   △17     ±0    ±0

(*1)民主党の「小沢ワン支持者」が、未来支援に廻った
(*2)みんなは、民主支援に変わった(???)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 
★  みんなが民主支援に廻ることが、「謎」(あ)     ★ 
★前回政権交代選挙で血で血を洗う戦いをした民主vs ★
★みんなですから、今回民主支援することなどありえ  ★
★ない。(増減のつじつまが合わない)           ★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

(あ)渡辺代表が、野田首相批判
   「覚悟のない話だ」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121203/stt12120321220007-n1.htm

◆「私」の増減説明(ケース2)

     <計> (     増減内訳       )
            純増減  移動票  
                   (*1)  
民主   +1   +29!  △28    
未来  +28          +28

みんな △28   △28                

自民  △14   △14
幸福   △3    △3
 
共産   △1    △1
-----------  ------   ------  
計  △17   △17     ±0   

(*1)民主党の「小沢ワン支持者」が、未来支援に廻った
(*2)残りは、純増減

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 
★前回「みんな」を支援した人は、今回投票を見送った。★
★上記1項の増減見ても移動先が見当たらない。    ★
★となると、民主は、前回投票所へ行かなかった「新たな★
★野田ブー支援者」が、29千人も投票所へ押し寄せ「野★
★田ブー」に投票したことになる。              ★
★私は、問いたい・・・                     ★
★「いつのまにこんな組織票をかためたのですか?」  ★ 
★そして、「その組織なるものは、何なんですか?」   ★ 
★.                                .★
★数字は、静かに静かに語っている。           ★
★.                                .★
★「新規野田ブー票29千票は、単純集計ミスか架空な ★
★ のではないかと・・・・」                   ★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2.選挙区と比例票との対比          (単位:千票)

              得票数
          今回     前回      差
民主(野田) 
・小選挙区   163     162     +1 ( +1%)
・比例区      78     128    △50 (△39%)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★  小選挙区と比例区の変動が、大きく相違       ★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

3.小選挙区・比例区の得票推移(民主党)

               (単位:千票)
        比例(A)  小選挙(B) 比率(=A÷B)

平成24年    78    163     48% 

平成21年   128    162     79%

平成17年    91    130     70%

平成15年   108    136     79% 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 
★(比例区÷小選挙区)比率が過去3回の率と大きく変動 ★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

4.比例区党派別の対前回値          (単位:千票) 
           
  [参考]
             得票数           [小選挙区]
   政党     今回   前回     差  

民主         79   128   △49    [+1]
自民         64    72    △8    [△14]
公明         28    29    △1
幸福          1     1     0     [△3]

みんな        28    28     0    [+28]
維新         49      0   +49

未来         17     0   +17    [+28]
社民          4    12    △8
新党日本       0     3    △3
国民新党       0     4    △4

共産         19    27    △8    [△1]

  (計)     (289)  (304) (△15)   [△17]


◇「ムサシの選挙参謀」の増減説明

  ・民主の△49は、維新+49へ移行
  ・みんなは、小選挙区で28未来へ移行
   前回は比例で28あるので、増減はゼロ
  ・未来の+17は、社民=8:新党日本=3:国民新党=4
   の計15から移ってきた

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 
★民主党超大逆風下(得票半減の大惨敗)・・・小選挙区 ★
★で「野田ブー」を熱烈支援し前回並みの得票を維持した★
★とされている「野田ブー親衛隊(AKBなNODA隊)」が・★
★・・・・・・                             ★
★.                                .★
★比例区で 「維新」に入れますか???
★.                                .★
★まじっすか ?!?! 
★.                                .★
★     少女時代がいいだの~
★.                                .★
★              KARAがいいだの~ 
★.                                .★
★そんなにコロコロ支持を変えるってAKBなNODAファン★
★として はずかしくないの?!?!?!          ★
★.                                .★
★いい加減にしてヨ!                     ★
★.                                .★
★「冗談はよしこさ~~~ん」 (歳がばれた><)    ★
★.                                .★
★ムサシマジックもコンピューター操作には熟練しているよ★
★うであるが、悲しいかな「人の心」がわかりません。   ★
★.                                .★
★.                                .★
★数字は、静かに静かに語っている。            ★
★.                                .★
★.                                .★
★「維新比例票41千票は架空ではないのかと・・・・」   ★ 
★.                                .★
★.                                .★
★また、未来の支持者が、小選挙区28千票から一部脱落★
★(△15)して 比例13千票に落ちることは有り得ない  ★
★選挙直前の新党結成であり、小選挙区=比例となる  ★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◆「私」の増減説明

       <計>(     増減内訳       )
            純増減 <   移動票   >
                 (*1)  (*2)  (*3)  
民主     △8   +5      △13 

未来    +17       +4  +13           
社民     △8   △8
新党日本  △3   △3
国民新党  △4       △4

維新     +8                 +8    
みんな     0               

自民     △8                 △8 
公明     △1   △1           
幸福      0
 
共産     △8   △8
-------------- ----- ----- -----  ----- 
計    △15  △15  ±0   ±0  ±0    

(*1)国民新党亀井元党首が未来入り
(*2)小沢ワン支持者が、未来支援へ   


(まとめ)

◇全般

   得票増減説明に大きな矛盾を抱えており、容認できない。
   得票操作の疑いがある。
   野田元首相を除く民主党前議員全員が、平均54%もの
   得票を落とす中 司令官である野田元首相一人が 大勝
   利を収めていることに この社会がかって経験したことの
   ない「異様な事態」が生じている。
   単純集計ミス・データ改ざんなど このような事態を生じさ
   せている原因を徹底的に究明すべきである。
   千葉4区の「再開票(投票の全数点検)」を求める。

◇小選挙区  

   野田元首相の得票を、全員平均の得票率ダウン△54%
   (=86千票)を適用すると下記のとおりとなる。
   
   ~見直し後の得票~
                           (単位:千票)         
                      得票数
当落 候補者 (所属、新旧)  今回   前回   差  

    野田佳彦 (民主、前)   76   162  △86
    藤田幹雄 (自民、元)   72    86  △14
当選 三宅雪子 (未来、前)  115     0 +115
    斉藤和子 (共産、新)   22    23   △1
    野屋敷  (みんな、新)   0     28  △28
    山中宏一郎(幸福、新)   0      3   △3
       (計)        (285)  (302) (△17)

   ☆三宅雪子候補の勝利

◇比例区

       比例(A) 小選挙(B) 比率(=A÷B)

平成24年  78    163    48% <---見直し前 

   〃    58     76    76% <---見直し後  
      (△20)  (△86)   (76%=過去3回の平均)

   ☆小選挙区を△86修正 過去の比率を比例に適用
     
   ~見直し後の得票~ 
         (単位:千票)            
             得票数
   政党     今回   前回     差  

民主         58   128   △70
自民         64    72    △8
未来         87     0   +87(=小×76%)
共産         19    28    △9
みんな        28    28     0
維新      (*A)0     0     0
公明         28    29    △1
その他         6    19   △13 
不明分       △1      0   △1   
  (計)     (289)  (304)  (△15)

    ☆民主比例票は、21千票過大である。
    ☆比例の未来票は、85%(87⇒13)削られている
    ☆維新の比例票は、架空(*A)である


◇投票率の問題(あくまで試算/根拠:投票所の大行列)

  史上最低の投票率らしいですが、史上最高だったとの
 疑惑がある。

投票率の改ざんで 1000万票カット(△16%)の噂もあり
 ますが・・・△10%改ざんしたとして影響は~

285千票×10%=29千票 ⇒ 「未来」に加算すると

   ~投票率見直し後の得票~
                           (単位:千票)         
                      得票数
当落 候補者 (所属、新旧)  今回   前回   差  

    野田佳彦 (民主、前)   76   162  △86
    藤田幹雄 (自民、元)   72    86  △14
当選 三宅雪子 (未来、前)  144     0 +144
    斉藤和子 (共産、新)   22    23   △1
    野屋敷  (みんな、新)   0     28  △28
    山中宏一郎(幸福、新)   0      3   △3
       (計)         (314)  (302)(+12)

 ☆三宅雪子候補の 超ダントツ大勝利(得票率=45%)

                      

「謎の29千票」 正体を現す!? 千葉4区

こんにちわ

なかなか 暗中模索ですが・・・ (まとめ)ましたので
ご参考までに ご連絡いたします。

http://57285649.at.webry.info/201302/article_21.html

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
最新記事
最新コメント
カテゴリ
広告
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

Author:おちゃのこSAISAI
日本人がこけにされている気がする今日この頃・・・。

カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。