スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3党【維新・未来・みんな】の小選挙区票・比例票の比率(千葉13ヶ所)

消えた未来未来票と言われて久しい。まだ久しくはないか。

ともかく、未来票がどっかに消えているか振替られているんじゃないかという疑念が渦巻いている。私も気になったので、例のごとく千葉13ヶ所のデータを使い、各区における『維新・みんな・未来』の比例票と小選挙区票の比率をグラフにしてみた。
以下がそのグラフである。
維新みんな未来の比例票比率

少し解説すると、グラフは小選挙区に出馬している候補のいた区で、その区の比例票が小選挙区票からどれくらい多いのか少ないのかをわかりやすく示している。真ん中の0%の線がそれぞれの区の小選挙区票である。つまり0%というのは画像にも書かれている通り、候補者の小選挙区獲得票数とその区の比例票数が同数である事を示している。グラフが上に伸びているという事は小選挙区票数より比例票数が多かった事を意味している。逆に下に伸びているのは比例票が少なかったという事である。

で、結果はグラフの通りだ。

未来票は1ヶ所も小選挙区票を上回った比例票が無いのがわかる。

未来比例票が維新みんなに振替られたと言える程顕著なグラフとは言えないが、少なくとも未来比例票だけは大幅に少なく見えるのは確かだろう。
ただでさえ少ないと感じてきた小選挙区得票数から更に全ての千葉選挙区で少ない比例票。

ん~~~~~・・。

このグラフを見てどう受け止めるかは読者各々のご判断にお任せしよう。

とにもかくにも、正確に目視出来る形にしておくことに意味があると思い、掲載した。



ちなみにグラフを眺める上でひとつのポイントになるのは5区6区7区という塊ではないかと思う。
この3ヶ所は3党とも小選挙区で出馬してるという点で状況が似ていると言える。5区6区は未来票がほとんど小選挙区票と比例票が同数。ところが7区になると3割も少ない。そしてその分突出して維新票が多い。

何れにせよ全体的に未来の比例票だけは小選挙区票数より少ない傾向にあるという事だけは間違い無いと言えるだろう。

グラフデータはいつもの千葉選管データです。
http://241216senkyo-chibaken-senkan.jp/page3.html


グラフ画像等ご自由に転載、分析してください。ではでは!

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
広告
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

Author:おちゃのこSAISAI
日本人がこけにされている気がする今日この頃・・・。

カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。